Macのアプリ、どこにあるのか教えてほしい

 

「WindowsからMacに替えて間もないけど、アプリがどこにあるのかがいまいちわからなくて・・・」

「この前インストールしたアプリが下に表示されていなくて、そのアプリはどこにあるの?」

 

長年Windowsを使っていた人がMacを使ってみると、

全てのアプリがどこにあるのかがよくわからない・・・と迷われている方、

結構いらっしゃいます。

パソコン操作にイライラする男性

 

 

 

 

 

 

 

 

Macの場合は、画面上にアプリが表示されていますが、

それがすべての種類のアプリでないために、

すべてのアプリの『ありか』を知りたい、

とあなたは思われていることでしょう。

 

常に画面の下側に表示(左や右に移動することはできるが)されているアプリ群を『Dock(ドック)』と言い、

使用頻度の高いアプリをクリックひとつで立ち上げることができるように設置されています。

ただし、すべてのアプリをDockに表示するとなると、

ゴチャゴチャし過ぎますし、

アプリマークの表示も小さくなってしまい、

Dockから使いたいアプリを探すことが一苦労となってしまいますね。

 

ここでは、Macのアプリがどこにあるのかを網羅的に解説させてもらいます。

知ればなんてことないでしょうが、

知らないとイライラしますのでこの記事で気分が晴れることを祈ります。

 

Macのすべてのアプリはどこにあるのか!2つの方法

タイピングに慣れない男性

 

Macに入っているすべてのアプリを探す方法はおおまかに2つの方法があります。

ただし、2つの方法もやや意味が異なっていますので、

 

  • アプリを使いたい時に探す方法
  • アプリを削除したり、App Store以外からダウンロードしたアプリやソフトを探す方法

 

この2つの探す目的別に解説します。

 

アプリを使いたい時に探す方法

Launchpad

画面のDockに表示されていないアプリを探す一番簡単な方法は、

Dock内にあるLaunchpad(ランチパッド)から探す方法です。

 

画面内にあるDockの中から、

DockからLaunchpadをクリック

をクリックすると、

Launchpad

 

このような画面が表れます。

ここから自分が使用したいアプリを見つけてクリックしてください。

 

 

 

もし、Launchpad内にはあるアプリを、

画面下のDockに追加したい時は、

まずLaunchpadからDockに登録したいアプリをクリックして開く

Dockへ設定製法①

 

 

 

Dock内にアプリのマークが表示されるので、カーソルをマーク上に移動し右クリック、

(MacBook系や独立したトラックパッドであれば2本指でクリック)

①オプションをクリックするといつくかの選択肢が出てくるので

②『Dockに追加』をクリックすれば完成です。

Dockへの設定方法②

 

アプリを削除したり、App Store以外からダウンロードしたアプリやソフトを探す方法

Macでアプリを開いている

 

もう一つは、Finderのアプリケーションフォルダから検索する方法です。

 

Macのファイルやフォルダーを管理する

『Finder』内に、

『アプリケーション』という

アプリを保存するフォルダーがあります。

Finder内のアプリケーションフォルダー

 

もし、Finderの左側のサイドバーに『アプリケーション』がない場合は、

以下のようにすると、

サイドバーに『アプリケーション』が表示されます。

 

Finder表記になっている

アップルマークのすぐ右横側の表記が『Finder』になっていることを確認して、

 

 

Finderをクリックして環境設定をクリック

『Finder』をクリックしてから『環境設定』をクリック

 

 

サイドバーをクリック、アプリケーションにチェック

①『サイドバー』をクリックし、②『アプリケーション』のところにチェックマークが入っていないので、

 

 アプリケーションにチェックマークを入れる

チェックマークを入れると、

 

 

サイドバーにアプリケーションが表記される

『Finder』のサイドバーに表記されます。

 

 

 

もう一つの方法は、

Finderを確認

 

 

アップルマークの右横が『Finder』になっていることを確認して、

メニューバーの移動をクリック、アプリケーションをクリック

①メニューバーの『移動』をクリックし、②『アプリケーション』をクリックすると

アプリケーションフォルダーが開きます。

 

 

Launchpadとアプリケーションフォルダーの違い

比較

 

では、LaunchpadとFinderからのアプリケーションフォルダの違いは?

 

 

LaunchpadはFinder無いのアプリケーションフォルダから、

アプリだけを抜いて表示されているものなのです。

対してアプリケーションフォルダは、

アプリは当然のこと、

保存場所をアプリケーションフォルダに指定したアプリ以外のものも表示される、

つまり、アプリケーションフォルダ内のすべてが表示されることなのです。

アプリケーションフォルダ内でアプリ以外のものとは?
アプリケーションフォルダ内にアプリ以外のフォルダ・・・
ちょっとわかりにくいですね・・・

これは保存する側のさじ加減ですが、
アプリでないものでも、
アプリケーションフォルダに保存するほうが都合のいいものがあったりします。
例えばアプリケーションの電子説明書とか・・・
そのような電子書籍説明書などは、

保存場所はアプリと一緒に保存したほうがバラけずにわかりやすいですよね。
それも含めたすべてのもの、
それがアプリケーションフォルダ内すべてのもの、
ということなんです。

 

なので、効率的に使うのであれば、

いち早くアプリを探して立ち上げるのであれば、Launchpadの方が早く立ち上げられます。

 

アプリを使わなくなり削除したい、

そのような時はLaunchpadからは削除できません。

アプリケーションフォルダからでしたアプリを削除することはできません。

 

まとめ

まとめ

 

最後に今回の記事をまとめて終わりにしたいと思います。

 

Mac内のアプリを見つける方法は大きく2つに分けられます。

・Dock内のLaunchpadから検索する方法

・Finder内のアプリケーションフォルダから検索する方法

 

アプリを使いたい、という時にはLaunchpadの方がすぐにアプリにたどり着けるのでオススメです。

アプリを削除したい、

アプリ以外でアプリケーションフォルダ内を見たい、

そのような時は、アプリケーションフォルダから検索したほうがいいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事