ストレスなく文字を打ちたい!!

 

「Macのライブ予測変換が予測もしない言葉が出て来て困る・・・」

「何度も使っている言葉なのに変換するときに最初に出ないので、学習能力があるのか疑問に感じる・・・」

「Macのライブ予測変換は使えば使うほど使いにくくなるのはなぜ!?」

 

Macでは文字入力中にで予測変換候補で言葉が出てきます。

これは標準ながらMac独特の予測変換機能で、

ライブ変換といいます。

 

しかし、このMac標準のライブ予測変換に関して不満やストレスに感じている人がいます。

例えば、

『アナと雪の女王』と入力したいのにライブ予測変換で『穴と由紀の女王』と出てしまう(笑)・・・。

以前にも何度も『アナと雪の女王』と入力して、

学習機能で学習されているはずなのに・・・。

 

実際にMacを15年以上使っている私も時にはライブ予測変換は使いやすい機能と思う反面、

時には使いにくさがありストレスに感じたりもします。

 

ここでは

Macで標準の自動での予測変換機能をストレスなく使う方法

文字変換自体をストレスなく使う方法

と同時に解説していきます。

 

この記事を読むことで、

あなたが今よりもストレスなくMacでの文字変換がストレスなく行えます。

・Macの標準文字変換をストレスなく使う3つの方法

・もしライブ変換を解除するならGoogle日本語変換という選択肢も!

・まとめ

Macの標準文字変換をストレスなく使う3つの方法

後悔する男性

 

Mac標準のライブ文字変換をストレスなくできる方法は3つありますので詳しく解説します。

・ライブ変換の学習をリセット
・ユーザー辞書を活用
・ライブ変換を止める

ライブ変換の学習をリセット

ライブ変換をリセット

 

一番特攻性のある方法が、変換学習をリセットすることで、

買った当時の状態に戻す方法です。

 

候補として変な言葉が出る理由として考えられるのが、

今までの溜まったデーターが、

逆に邪魔をしてしまい思ったのとズレた候補が出てしまうのです。

ですので、溜まったデーターを消去することで、

初期の正常な言葉が候補として出てくる状態にする、ということです。

 

一つ注意点として、

変な候補が出ないために消去するのですが、

中には思い通りに出てくる候補も消去することでリセットされてしまいます。

 

設定方法

システム環境設定のDock

画面下のdock内からシステム環境設定をクリック

下矢印

システム環境設定からキーボードをクリック

キーボードをクリック

下矢印

入力ソースを選択し下へスクロール

②他の入力ソフトもダウンロードしていれば純正の日本語に合わせ、③入力ソースをクリック、④一番下まで画面をスクロールする

下矢印

変換学習をリセット

変換学習右のリセットボタンをクリック

 

ユーザー辞書を活用

ユーザー辞書

 

最初に説明したライブ変換をリセットを行った後、

ライブ変換で自分が一番先に変換候補として出てほしい文字をユーザー辞書登録することで、

さらに作業効率を上げることができます。

 

ユーザー辞書に登録することで、

登録された文字が最優先で候補として表示されるようになるからです。

ユーザー辞書登録のみでも登録した言葉が優先されますが、

一番効果が表れるのは、

ライブ変換をリセットした後にユーザー辞書登録をすることをお勧めします。

一度登録すると、

ライブ変換リセットしても登録は有効です。

 

設定方法

システム環境設定のDock

画面下のdock内からシステム環境設定をクリック

下矢印

システム環境設定からキーボードをクリック

キーボードをクリック

下矢印

ユーザー辞書で登録する

 

ライブ変換を止める

ライブ変換を止める

 

ライブ変換自体に慣れない、違和感を感じている人なら、

いっそのことライブ変換自体をしない、という選択肢もあります。

特に、WindowsからMacに乗り換えてすぐの人にとっては、

Macのライブ変換は、

Windowsの変換方法と違うだけに操作に戸惑ってしまうのは仕方ないことです。

 

・Windowsに近い文字変換を求める方

・ライブ変換にストレスを感じて使いたくないという方

 

はライブ変換を止めて、

その度ごとに変換する方法が自然と馴染むでしょう。

 

設定方法

システム環境設定のDock

画面下のdock内からシステム環境設定をクリック

下矢印

入力ソースを選択し下へスクロール

②他の入力ソフトもダウンロードしていれば純正の日本語に合わせ、③入力ソースをクリック、④下への画面スクロールを少しだけする

下矢印

ライブ変換設定を解除する

少し下へスクロールするとライブ変換という項目が出ていて、レ点が入っている状態なのでレ点を外して解除する

 

もしライブ変換を解除するならGoogle日本語変換という選択肢も!

Google

先ほどライブ変換のストレスを無くす3つの方法の最後で、

ライブ変換自体を止める方法を説明しました。

もし、ライブ変換を止めるのであれば、

Macの標準もあれば、別にGoogle 日本語入力も検討してみてください。

私は結構飽き性なので、

標準の変換機能を使ったりグーグル日本語入力を使ったりと、

その日の気分で変えたりしています。

 

Google日本語入力は無料で使用することができます。

どうも標準の変換に違和感を感じるのであれば、

Google日本語入力を使ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

まとめ

 

最後に今回の解説をまとめて終わりにしたいと思います。

 

Macは文字をタイプしている最中に、

変換候補が出てくるライブ変換が標準設定されています。

より早くタイピングしたい人にとっては優れたシステムです。

しかし使い続けていくうちにライブ変換候補が変な言葉などが出てくるなど、

使いにくくなってしまうことがよくあります。

変換ソフトには学習能力を汲み取るシステムがありますが、

今までの変換したデーターを蓄積することが逆効果となり、

困った変換候補が出てしまったりします。

 

Mac標準の変換をストレス無くより快適に使えるようにするにはどうすればいいか!

 

  • 変換学習をリセットすることで、蓄積されたデーターを消し純粋な変換候補が出てくるようにする
  • ユーザー辞書で頻繁に使う文字を登録することで、登録した言葉が最初に変換候補として出てくるようにする
  • ライブ変換自体を止める

 

この3つの方法で、

Mac標準の変換をストレス無く操作することができるようになります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事