テレビの出演者や街を歩いている人を見ると、

最近アップルウォッチをしている人が目に付きますよね!?

アップルウォッチが気になっているあなたは他の人以上に目に入ってきてしまうでしょう。

 

 

一方で、

普段の腕時計の機能以上にワクワクさせてくれる機能があるのか、

疑問に感じているのではないでしょうか。

そのワクワク感が少ないと、

アップルウォッチを買っても後悔してしまうのでは!?

という心配が心の何処かにあるでしょう。

 

 

実は私も購入前にはそのような思いの中で購入に踏み切りました。

今ではアップルウォッチを使いはじめて2年経過し、

買ってよかったと実感しています。

良かったと思えるアップルウォッチの機能を紹介していきます。

・買ってよかったと思わせてくれたアップルウォッチの機能

・アップルウォッチへの疑問

買ってよかったと思わせてくれたアップルウォッチの機能

 

アップルウォッチが格好良くて欲しいな!、

と思って購入する方もいれば、

◯◯の機能を使いたいから!

という理由で買われる方もいらっしゃいます。

ここでは、アップルウォッチを買って良かったと思わせてくれた機能を紹介していきます。

・乗換案内をアップルウォッチで見られる
・地図機能で目的地まで案内してくれる

・iPhoneでの通知をアップルウォッチでも知らせてくれる

・Suica・Apple Payで財布・iPhoneいらずで支払い

・一日の活動量がわかることで動くことへの意識向上

・Macのロック解除を手軽にできる

・見つからないiPhoneを見つけてくれるサポートをする

・アップルウォッチでも「ヘイッ、Siri!」

・普通の腕時計では出来ない文字盤をカスタマイズして気分転換

乗換案内をアップルウォッチで見られる

 

iPhoneやスマートフォンで乗換案内アプリは見ることはできますが、

駅構内などで人混みの中でスマートフォンを見るのは結構大変です。

乗換案内アプリをアップルウォッチで確認できることで人混みの中でiPhoneを出し入れしたり見なくても、

腕を上げるだけで確認ができますので非常に便利ですよね。

 

 

実は私がアップルウォッチを購入したいと思ったきっかけの機能が、

この乗換案内アプリをアップルウォッチで見ることができることでした。

地方在住でよく東京出張へ行っていた私はこの乗換案内アプリが必須で、

ウォッチ購入前はiPhoneで見ていました。

しかし駅での乗り換え時に人混みの中でiPhoneを見る動作に不便を感じていましたが、

アップルウォッチで乗換案内アプリを使えることを知り即購入に至りました。

実際に使ってみると、

人混みでの使い心地が全然良くなり、

他人からはアップルウォッチで見る動作がiPhoneで見るよりも自然にできることが自分にとっては満足でした。

 

 

iPhoneの乗換案内アプリといえばYahoo!乗換案内が有名ですが、

Apple Watchとの連携という点で見ると、

むしろ「駅すぱあと」とJORUDANの「乗換案内」の方をオススメします。(上の画面は「駅すぱあと」)

 

駅すぱあと
駅すぱあと

駅すぱあと
開発元:Val Laboratory Corporation
無料
posted withアプリーチ
乗換案内
乗換案内

乗換案内
開発元:Jorudan Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

地図機能で目的地まで案内してくれる

 

iPhoneに最初から入っている純正地図アプリ、

マップに自分の行き先を設定するだけで、

アップルウォッチが連動してナビゲートしてくれます。

 

 

例えば私みたいな地方在住の人間が仕事で「東京都◯◯区ドラッグストア◯◯店」と行き先を設定しても、

最寄りの駅までは順調に行けても、

最寄り駅から歩いてドラッグストアまで行くのにナビをしてほしい・・・

という時に、曲がる手前に差し掛かると、

アップルウォッチがバイブでお知らせし上の画面のようにナビをしてくれるのです。

 

 

この機能も先に紹介した乗換案内アプリと同じくらい出張時には重宝しました。

また乗換案内のときにも言いました通り、

地図をアップルウォッチで見る動作が、

他人から見ると地図を見ているように見られない点も自分には良かったです。

(少し他人の目を気にしすぎですね・・・)

 

 

地図アプリといいますグーグルマップが有名ではありますが、

アップルウォッチとの連携で考えると純正のマップ一択となります。

マップ
マップ

マップ
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

 

iPhoneでの通知をアップルウォッチでも知らせてくれる

 

電話の着信、メールやLINEの着信の通知をアップルウォッチで知らせてくれます。

 

 

アップルウォッチの通知で一番効果として出るのが、

相手からの電話の着信を逃しにくくなる点ですね。

 

 

この便利さはわざわざiPhoneを見なくとも着信を確認することができる点です。

  • 会議中、iPhoneを見る行為ができにくい場面
  • iPhoneをバッグの中に入れていても着信をダイレクトに把握することができる!

 

などの利点があります。

常にiPhoneをバッグに入れている女性は、

男性以上にアップルウォッチに適しているのかもしれません。

 

 

 

Suica・Apple Payで財布・iPhoneいらずで支払い

 

駅の改札やコンビニでの買物で、

アップルウォッチをデータ読み取り部にかざすだけで支払いが完了する姿、

何気に格好いいですよね。

アップルウォッチが欲しいという人の多くにアップルウォッチで電子決済をしたい!

という人が多いと思います。

 

 

アップルウォッチでできる電子決済は、

基本的にiPhoneと一緒でJR東日本のSuicaとApple Payが主です。

アップルウォッチでも電子決済が出来ることで、

財布はもちろん、

iPhoneをも所持せずに決済ができるようになります。

注意!!
Suica決済はiPhoneとアップルウォッチの2機種で同一のカードを使用することはできません。iPhoneでSuicaを使用していて、アップルウォッチを購入した際にiPhoneで使用していたSuicaをアップルウォッチで決済するように移行した時は、iPhoneでの決済はできませんので、お気をつけて下さい。ただiPhoneとアップルウォッチとでSuicaを別々にした時は決済は可能です。

 

 

一日の活動量がわかることで動くことへの意識向上

 

上の写真の丸3段のマーク!

アップルウォッチのCMなどで目にしますよね。

これはアクティビティと言い、

一日の活動量を測ってこのように丸を重ねる表示をしています。

 

円の具体的な説明は上の写真のとおりです。

なお、目標数字の設定は自分で設定できます。

 

 

このアクティビティはなかなか体を動かす機会のない人が、

体を動かす意識を持ってもらうために、

使ってもらえると体を動かす意識を常に持って生活することになります。

ですので常にアクティブに体を動かす人以上に、

有効活用できるのではないでしょうか。

 

 

Macのロック解除を手軽にできる

 

アップル社のノートパソコンMacBook系を所持している人は、

所持しているMacBookを開くと、

アップルウォッチの画面が上の写真のよう表示されMacBookのロックが解除できる、という機能です。

今までのノートブックのロック解除はパスコード、

指紋認証、顔認証がありますが、

MacBook系を所持している人は、

MacBook系の指紋センサーをも使わずに、

アップルウォッチをはめているだけで、

MacBookのロックを解除できるということで、

今あるロック解除法より便利になりますね。

 

 

 

見つからないiPhoneを見つけてくれるサポートをする

 

 

地味ですが、

よくiPhoneがしょっちゅう行方不明になっている人にとっては便利な機能。

行方不明のPhoneから音を鳴らすことで、

iPhoneの場所を知らせてくれるという機能です。

使い方はアップルウォッチの画面を下から上でなぞると上の写真のような画面に切り替わり、

右側に赤い四角で囲われた箇所をタップするだけで、

iPhoneが音を出してくれる、

という機能です。

また同じボタンを長押しすると、

下の写真のようにカメラの横のLEDを音と同時に光らせることもできます。

 

 

 

アップルウォッチでも「ヘイッ、Siri!」

Siri
Apple社の各デバイス(iPhone、アップルウォッチ、iPad、Mac)専用の音声認識型のAIのアシスタントのことをいいます。

大げさに言ってしまうと、

アップルウォッチでSiriが使えると、

iPhoneを無理に持たなくても良くなってきます。

Siriの立ち上げ方はiPhoneと同じように「ヘイッ、Siri!」とアップルウォッチに向かって言うか、

右上のデジタルクラウンを回すのでなく上から長押しすると起動します。(上の写真は起動した画面表示)

 

 

料理をしているときのタイマーなんかはわざわざiPhoneを使わずに、

「ヘイッ、Siri!タイマー3分」というだけで完結。

他にも純正のリマインダも操作できますし、

カレンダー表記も出来るわで、

一度使いこなせちゃうと使わずにはいられなくなります。

 

ただ、反応がたまに悪い時があったりするのは弱点ですね。

 

 

普通の腕時計では出来ない文字盤をカスタマイズして気分転換

 

 

普通の腕時計とアップルウォッチを含むスマートウォッチの一番の違いは文字盤を簡単に変えることが出来ることです。

文字盤を変えられるだけで、気分転換になりますね。

さらに現在のseries5は文字盤を自分でカスタマイズすることも可能になっています。

(以前までは用意されていた幾つかの文字盤を選択するのみで自分ではカスタマイズできなかった)

 

 

 

アップルウォッチへの疑問

 

さて、今までは買ってよかったと思わせてくれるアップルウォッチの機能を検証しましたが、

ここでは皆さんが抱いているアップルウォッチへの疑問や不安に思っているであろうことを説明します。

 

バッテリー使用時間が短いと聞いたけど?

 

残念ながらアップルウォッチが登場したときからずっと、

バッテリーの持ちが良くない!

と言われ続けています。

 

実はApple社のホームページに書かれている公式のバッテリー駆動時間は、

18時間と記載されています(series5、series3共に)。

18時間って・・・一日持たないの?

とさらに不安に感じられたかと思いますが、

これはあくまでもずっとアップルウォッチを動かしたりしていれば、

という時間でして、

一日中アップルウォッチをかまっているわけではありませんので、

現実的な数字とは言えませんね。

 

 

では実際どうなのか?

私は2年前に購入したseries3を使っていますが、

2年経過しているのに1日で50%前後の電池使用量です。

アップルウォッチをヘビーに使用しているわけではないにしろ、

2年経過して1日で50%使用できれば問題なし、

というのが私の感想です。

 

 

また充電時間もおおよそ2時間程で済みます。

 

 

しかし実際には私と違い(笑)多くの人がバッテリーに不満を持っています。

電池式やソーラー電池式を使用している一般の腕時計とアップルウォッチを比較して、

不満に感じている人が多いことも確かです。確かに腕時計という点では同じでしょうが、

一般の腕時計とスマートウォッチとを比較対象にすること自体が違う感じがします。

 

 

なぜ私は不満に感じていないかといいますと、

私は毎日寝る時に充電するようにしています。

つまり毎日顔を洗ったリ歯を磨くのと同じように、

毎日の習慣としてアップルウォッチを充電することが毎日の習慣となっているのです。

もしアップルウォッチのバッテリーが一週間持つと仮定しますと、

一週間に一回か電池容量が減ったときにだけ充電すればいいのですが、

毎日の習慣化していない事で、

充電し忘れることも考えられるのです。

ですのでアップルウォッチを毎日充電することを習慣にすることで、

アップルウォッチのバッテリー問題は解決できるのではないでしょうか。

 

 

バッテリーが一日も持たないならそれは問題ですが、

2年経過しても一日50%前後の使用量で収まっていますので、

心配する必要はないと思います。

 

 

液晶ガラスが傷つく心配は?

 

腕時計を付けていると気をつけていても知らぬうちにガラス面に傷がついてしまって、

ショックを受けた経験は誰しも持っていますよね。

もちろん思いっきりガラスに当たって傷ついたり割れたりすればもちろんショックは大きいですが・・・。

ですので、高額なアップルウォッチを購入しても、

使ううちにガラスが傷ついたり割れたりしないのか、

と心配になりますよね。

 

 

下の写真は私が2年間使用しているアップルウォッチseries3の液晶です。

傷、見えないですよね。

実は最初の半年は保護フィルムを貼っていたのでガラス面を保護していないのは一年半なのですが、

目立った傷が見えないですよね。

何度か本人が気付くくらいに、

あらゆる所にアップルウォッチを当てたりしていますがこの通りです。

ただ全てが私のようにほぼ無傷というわけではなく傷ついたという人がたくさんいることも確かです。

 

 

アップルウォッチで使われている液晶のガラスは、

外枠がアルミニウムモデルだと強化ガラスタイプ、

アルミ以外のステンレス、

チタン、セラミックモデルはヤスリで擦ったり実験でハンマーで叩いても大丈夫なサファイアガラスを使用しています

(ちなみに私のアップルウォッチは強化ガラスタイプです)。

かといって、いろいろな人の意見を聞きますと、

サファイアでも傷ついたという人はいます。

 

 

結論としては、

一般の腕時計よりは傷つきにくいように工夫されているが、

絶対傷つかないものではないということです。

どうしても傷つけたくないのであれば、

iPhoneやiPadと同じように保護フィルムを貼ることで傷や割れ防止になります

しかし、ガラス面がほぼ平面なiPhoneと違い、

アップルウォッチはガラスの一部に曲面な箇所がありそこから保護フィルムが剥がれやすいのが欠点です。

 

私も結局それが原因で保護フィルムを剥がしてしまいました。

 

 

アップルウォッチガラス保護フィルムですが、

iPhoneでもそうですが貼るのに一苦労します。

そこで素人でも貼りやすいSpigenの保護フィルムを紹介します。

 

防水機能は?

 

 

アップルウォッチseries2移行のモデルは、

50mの耐水性能を持つ防水機能となっています。

ただ使用しているほとんどの人が50m耐水性能だけしか頭に入っていないのです。

(私もそうでした・・・)

 

 

Apple社のホームページを読んでみると、

アップルウォッチの防水機能に関しては永久耐水でないので、

使っていくうちに防水機能が落ちていくということなのです

たぶん使用している人のほとんどが何年経過しても防水機能は同じだから安心!

と間違った認識をしているのではないでしょうか。

 

 

更にホームページでは、

シャワーは問題ないが石鹸、シャンプー、コンディショナー、ローション、香水はアップルウォッチに付けてはいけない、

もし付かたときには真水で落とすように、

と注意書きしています。

理由として水密性や通音膜の性能劣化を引き起こす可能性があるから、

と書いてます。

より長い期間、防水性を保たせるにはこのような注意が必要だということです。

 

 

普段の生活でアップルウォッチに水をかけないように、

とまで神経を使う必要は全くありませんが、

より長く故障なく使用するのであればそれなりの注意は必要だ、

ということです。

これからアップルウォッチの購入を検討している人はもちろんですが、

すでに所持している人も頭に入れておかないといけない事項ですね。

 

アップルウォッチは買ったほうがいいの?

 

アップルウォッチの買いたくなる機能から疑問や不安を踏まえた上で、

アップルウォッチを買ったほうがいいかどうか、

ということですが、

「アップルウォッチが気になっているのなら買うべき!」が答えになります。

 

 

理由の最初として、

何事でもそうですが一度気になったものを簡単に忘れられますか?

このホームページを読んでくださっているあなたは、

少なくともアップルウォッチが気になっているからここまで読んでくださっているのです。

ここまで気になるのなら買う以外に気になる気持ちを抑えることはできません。

 

 

もう一つの買うべきという理由は、

他のアップル社のガジェットと比べてアップルウォッチは腕時計という必要な機能が軸となっていることです。

地図、Suica、通知などあらゆる機能がもしあなたにとって全て必要ないと思ってしまったとしても、

アップルウォッチは腕時計のみとして使うことで潰しが効きます。

iPhoneで言えば電話機能が当てはまります。

機で例えるならばアップルウォッチの腕時計、

iPhoneの電話機能は幹の部分でその他の機能は枝葉の部分と言えます。

一方でiPadは、

iPadの機能を使う必要がないといっても、

アップルウォッチの腕時計、

iPhoneの電話機能のような潰しの効く機能が見当たりません。

木で例えるなら幹が見当たらず枝葉のみしかない感じです。

なのでiPadは機能が合わないとなってしまうと、

使われなくなり潰しが効かなくなってしまうのです。

 

 

この2つの理由から気になったら購入を是非検討してみてはどうでしょう。ためらっていると、悩みを先延ばしにするだけですから。

 

 

アップルウォッチseries3とseries5のアルミニウムスペースグレイ版の各大きさを掲載します。

 

アップルウォッチseries3 38mmスペースグレイ GPSモデル

 

アップルウォッチ series6 44mm スペースグレイ GPSモデル

 

アップルウォッチ series6 40mm ブルー GPSモデル

 

アップルウォッチ series6 44mm スペースグレイ GPS+Cellularモデル

 

アップルウォッチ series6 40mm シルバー GPS+Cellularモデル

 

まとめ

 

アップルウォッチの良さは他のガジェット以上に実際に使ってみないとわかりません。

 

 

私は出張へ行ったにアップルウォッチで時刻表と地図を見るために2年前に購入しましたが、

現在は購入前の期待以上の満足度で使っています。

噂によるとより健康関連機能が追加されるというアップルウォッチ、

気になっているあなたはぜひ手にしてほしいものです。

 

 

同じ後悔するなら手にせず後悔するより手にして後悔してもらうほうを取ってほしいです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事